オフパコのお誘いをもらってラブホテルで乳首責めされる

 最初のオフパコのお誘いは栄太さんでした。
ずっと年上の、落ち着いた男の人。
「瑚春瑠さえよければ、実際に乳首開発をしてみたいと思う」って誘ってくれて、待ち合わせの決意をしてしまったのです。
乳首イキできるように、開発してもらえる。
新しい快楽が、ひとつ増えるかもしれない。
私は、大きな希望を抱えながら待ち合わせ場所へ出かけていきました。

 

 彼氏と別れてから、全然エッチしていませんから、ラブホテルも久しぶりです。
特別な空間だから、気分が変わってきます。
栄太さんも、通話した時と同じ、とても紳士的な方。
ガツガツとした態度もない。
安心して、体と心を任せられる状態でした。
熱いキッスもされ、とろけて行く私の心。
服の上から乳房をモミモミされていきました。
敏感な部分です。
一気に気分が盛り上がっていきます。
服の中に手が入ってくる。
男の人のゴツゴツした大きな手が、ブラの上から触ってくる。
ブラをずらされて、直接乳房を…。
そしてコリコリになった乳首を、刺激始めてくれたのでした。
指で乳首を転がしたり、弾いたりされて、敏感な乳首がイッパイ感じてしまい、お汁が凄い状態に。
唇で乳輪を吸いながら、舌でローリング、今までのセックスでこれほどされたことがありませんでした。
乳首ですっかり、私はエッチ気分。
セフレのとても大きなオチンチンを、ほおばりながらさらにエッチな気分を自ら盛り上げて行く感じです。
栄太さんに全身を舐められたりもして、半端じゃない盛り上がりを見せてしまいました。
たっぷりと開発をされた後、挿入され、私は何度もオーガズムを感じてしまいました。

 

 セフレ探しは大成功です。
乳首舐めも、乳首責めも、たくさんやってもらいました。
「こうやって、開発を続けていけば、逝けるようになるかもね。敏感で凄く興奮しちゃったよ」
彼に腕まくらをされ、その言葉を聞いて凄い満足感を覚えてしまいました。

 

 友人の静留は「セフレって、1人に縛られないところもいいよね。複数のセフレを作って、いろいろな快楽を味わうのも悪くないよ」って話していたんです。
もちろん私も、そんな気持ちでした。
敦史さんにも、お誘いの言葉をかけてもらい、待ち合わせることにしました。

定番サイト登録無料

乳首開発してくれるセフレを探すならココ!!

page top